個人情報の取り扱いに関する指針

2018年8月8日幹事会承認

日本安全性薬理研究会(以下「本会」という。)は、会員および本会の活動に参加する非会員の個人情報を保護するため、個人情報の取り扱いに関するガイドライン(いわゆるプライバシーポリシー)を設ける。本会は、個人情報の保護に関係する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を継続的に見直しその改善に努める。

個人情報の定義

個人情報とは、住所、氏名、電話番号、勤務先、電子メールアドレス等、特定の個人を識別できる情報を指す。

個人情報の収集

本会は、次の業務に利用するため、会員および本会の活動に参加する非会員の個人情報を収集する。この際に収集する個人情報の範囲は、当該事業の目的を達成するために必要かつ最小限のものとする。

  1. 事務局からの連絡
  2. 会員名簿の作成
  3. 運営委員会等における委員相互の連絡
  4. その他、本会の事業目的に沿って行うサービスの提供

個人情報の利用

本会が収集した個人情報の利用は、当該事業の目的達成に必要な範囲に限定し、情報提供者の意思を尊重して行なうものとする。また、次の場合を除き、本人の同意なく第三者への情報開示、提供は行わない。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

外部委託

本会が収集した個人情報は、正当な利用目的の範囲内において、本会が信頼できると判断し、機密保持契約を締結した外部委託先に提供する場合がある。外部委託先に個人情報を提供する場合は、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、本会において委託者に対する必要かつ適切な監督を行う。

個人情報の管理

本会は、収集した個人情報の外部への漏洩ならびに破壊および紛失が生じないよう、個人情報へのアクセスを必要最小限の特定の幹事および(前条記載の)外部委託先のみに限定し、厳重に管理する。保存された登録情報の管理については、当該幹事及び当該外部委託先により漏洩の防止措置を講じる。ただし、技術上予期し得ない方法による不正アクセスなどにより改ざん、漏洩などの被害を受けた場合には、本会はその責を負わないものとする。

利用停止、請求等の処理

会員からの個人情報の訂正、利用停止の連絡、など求めには適切かつ迅速に対応する。

改定および運用

本プライバシーポリシーの改定は、幹事会において議決する。

問合せ先

個人情報に関する問い合わせ先は以下のとおりとする。

日本安全性薬理研究会事務局

〒355-0071
埼玉県東松山市新郷88-75
株式会社薬物安全性試験センター
東松山研究所内

TEL:0493-21-7160
FAX:0493-21-7161
E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

© 2018 Japanese Safety Pharmacology Society
Supported by 4CREATOR JAPAN

ログイン: