Calls for the 5th technical exchange conference

日本安全性薬理研究会は毎年2月に学術年会を開催しておりますが、この学術集会以外に、会員の皆様に対して安全性薬理に関する情報あるいは技術的な内容についての討論の場あるいはラボワークを伴う技術交流の場を提供する目的で、情報・技術交流会を開催しております。今回の第5回情報・技術交流会は下記にありますように情報・技術的な内容に関する討議を、第5回学術年会開催前日の午前に同会場で実施することといたしました。今回の交流会が、安全性薬理研究における問題点の解決や安全性薬理分野の発展、さらには会員の皆様のより深い交流に繋がるものと期待しております。

  1. 討議テーマ
    以下2テーマとさせていただきます。
    創薬早期における安全性薬理評価戦略
    iPS由来心筋細胞の創薬応用
  2. 日時:2014年2月13日(木) 10時00分~11時45分
    場所:東京大学弥生講堂・セイホクギャラリー会議室
  3. 対象者:日本安全性薬理研究会会員の方
    (会員以外の方は当日1000 円で会員登録していただきます)
  4. 密度の濃い議論を促すため、討論会は各テーマ約10名の小規模で行う予定です。なお、参加希望者多数の場合には、事前提出いただいた希望討論内容やご所属に基づいて、参加者を限定させて頂く場合がございますので、予め御承知おきください。参加の可否については、2014年1月14日(火)までにお知らせします。
    交流会において討議された内容の詳細については公開いたしませんが、オブザーバーとして本研究会の幹事若干名を参加させていただきますことを、予めご承知おき下さい。
  5. 参加申込ありがとうございました。締切ました。
    HP参加申し込みフォームに必要事項を記入して、送信をお願いいたします。直後に申込受付メールが自動送信されます。フォームに入力されるメールアドレスに間違いがありますと届きませんのでご注意下さい。メールが届かない場合は、This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.までメールにてご連絡ください。
  6. 2013年12月27日(金)必着
  7. 不明な点は、ご遠慮なくご連絡ください(メールアドレス:This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.)。


世話幹事:田保充康、林誠治

© 2019 Japanese Safety Pharmacology Society
Supported by 4CREATOR JAPAN

Sign in to your account