本文へジャンプ
第2回学術年会サテライト企画「若手研究者討論会」 参加者募集
終了しました

日本安全性薬理研究会は、安全性薬理分野での若手研究員の交流を目的として、学術年会のサテライト企画として若手研究員討論会を開催することといたしました。初めての試みですので、至らぬ点もあるかと存じますが、主役である若手研究者の皆さんにご活用頂ければ幸いです。

1) 今回の討議テーマは「安全性薬理におけるiPS細胞研究について」とさせていただきます。

2) 日時:2011年2月18日(金) 10時30分〜12時
場所:東京大学弥生講堂・一条ホール1F会議室

3) 対象者:年齢40歳未満の若手研究員(多少の誤差は認めます)

4) 事前に参加希望者からご提出頂いた討論したい内容(別紙参照)を参考にして、論点を予め用意したいと思います。参加希望者の中からファシリテータ1名を事務局で事前に選定させていただき、その方に議論の進め方は一任します。
なお、参加希望者が多い場合には、事前に提出された討論したい内容やご所属に基づいて、参加者を限定させて頂く場合がございますので、予め御承知おきください。参加の可否については、2011年1月14日までにお知らせします。討論会において討議された内容の詳細については公開いたしませんが、その様子や感想については、ファシリテータの方から事務局にご報告頂き、秘匿事項を除いてホームページで紹介させて頂こうと思います。また、オブザーバーとして本研究会の幹事若干名を参加させていただきますので、予めご承知おき下さい。若手研究者の上司の方におかれましては、できるだけ具体的なデータの提示や自由な議論が可能になるように、ご配慮頂ければ幸いです。

5) 必要事項記入用紙(ワードファイル)に、所属、氏名、連絡先及び討論したい内容を記入して、下記宛先にワードファイルを添付して送付をお願いいたします。

送付先メールアドレス: young_session@j-sps.org

6) 2010年12月31日(金)必着

7) 申し込みを確認しましたら、受付完了確認メールを返信致します。
7暦日以内に返信がない場合は、上記メールアドレスまでご連絡ください。

8) 不明な点は、ご遠慮なく上記メールアドレスまでご連絡ください。