本文へジャンプ
第2回学術年会
終了しました

会期: 2011年2月18日(金)・19日(土)

会場: 東京大学弥生講堂・一条ホール
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html

プログラム&要旨集 PDF版


第2回学術年会プログラム

1日目 2011年2月18日(金曜日)
13:00  開会挨拶
      年会長 和崎 正彦(田辺三菱製薬梶j
      関野 裕子(国立医薬品食品衛生研究所)

13:10〜 教育講座
      心臓の活動電位形成におけるイオンチャネルの役割
        黒川 洵子(東京医科歯科大学 難治疾患研究所)

14:00〜 招待講演 I 「心筋イオンチャネル」
      1.T型カルシウムチャネルと心筋自動能
        田中 光(東邦大学薬学部 薬物学教室)

      2.QT間隔の性差とイオンチャネル
        黒川 洵子(東京医科歯科大学 難治疾患研究所)

15:00〜15:15  休憩

15:15〜 一般演題
      1.オートパッチクランプを用いたCav1.2 及びNav1.5 チャネル阻害
        スクリーニング系の確立
        本多 正樹(中外製薬(株))

      2.光学イメージングシステムを用いた心臓刺激伝導系評価:
        ウサギ心筋梗塞モデルの摘出心臓におけるフレカイニドの作用
        稲村 直樹(田辺三菱製薬(株))

      3.hERG チャネル活性化薬剤ICA-105574 の心電図に及ぼす影響
        浅山 真秀子(田辺三菱製薬(株))

      4.IKs ブロック誘発性torsades de pointes のリスク評価のため
        の非臨床評価ストラテジー
        千葉 克芳(第一三共(株))

      5.カニクイザルのQT 間隔及びサルERG 発現量に対する
        ペンタミジンの影響
        松尾 純子(新日本科学(株))

16:30〜16:45  休憩

16:45〜 シンポジウム 海外招待講演
        Existing and emerging strategies to reduce safety pharmacology
        related liabilities in pharmaceutical drug discovery and development
        Jean-Pierre Valentin ( AstraZeneca R&D Alderley Park)

        Role of safety pharmacology studies to predict adverse effects in
        late-stage clinical development
        Alfred Botchway (Xenometrics LLC))

18:15〜 懇親会(弥生講堂・一条ホールにて)


2日目 2011年2月19日(土曜日)
8:30〜  一般演題
      6.マイクロミニピッグ:イヌ・サルに替わりうる
        in vivo薬物性QT 延長評価モデル動物
        斉藤 裕之(スギ生物科学研究所(株))

      7.ヒトES 細胞由来心筋を用いたQT リスク評価に関する基礎検討
        谷口 智彦(エーザイ(株))

      8.Hand2 発現によるP19 細胞から交感神経への高効率な分化誘導
        橋本 裕介(東京理科大学大学院 基礎工学研究科)

      9.D70-PCTR を用いたテレメトリー法によるイヌの呼吸機能解析
        久我 和寛(武田薬品工業(株))

     10.アカゲザルにおける2 種類の薬物自己投与法での
        ニコチン強化効果の検出精度の比較
        飯野 雅彦(イナリサーチ(株))

9:45〜10:00  休憩

10:00〜 招待講演 II 「行動薬理・依存性」
      1.動物の行動から何が分かるか? −包括的行動解析のすすめ−
        小倉 博雄(エーザイ(株))
      
      2.薬物依存の基礎研究と評価
        鈴木 勉(星薬科大学薬学部 薬品毒性学教室)

11:00〜11:10  移動

11:10〜 ポスターセッション
      1.データベースPharmaPendium とEmbase を用いた
        承認医薬品の安全性情報検索の有用性
        鈴木 直子(エルゼビア・ジャパン(株))

      2.最近承認された新薬の「QT/QTc 評価試験」と心血管リスク評価
        西村(鈴木) 多美子(就実大学 薬学部 薬理学)

      3.テレメトリーラットのVEGFR2 阻害性血圧上昇リスク評価への
        応用可能性
        礒部 剛仁(中外製薬(株))

      4.安全性薬理試験におけるグルコースクランプ法の有用性
        松原 史典((株)薬物安全性試験センター)

      5.覚醒ラットにおける心血管系および呼吸器系機能の同時評価
        関谷 浩司(協和発酵キリン(株))

      6.マウスにおいて胃からの固体排出能は5-HT3 受容体を介している
        高木 観(田辺三菱製薬(株))

      7.カニクイザルを用いた自動静脈内投与による
        whole-body plethysmograph 法での呼吸機能測定法
        小田切 則夫(三菱化学メディエンス(株))

      8.カニクイザルを用いた体内埋め込み式インピーダンス法
        による呼吸機能測定の検討
        坂本 憲吾(イナリサーチ(株))

      9.ラット及びアカゲザルにおけるコカイン及びペントバルビタール
        静脈内自己投与の比較
        藤原 淳(イナリサーチ(株))

     10.カニクイザルのQT 間隔及びサルERG 発現量に対する
        ペンタミジンの影響
        松尾 純子(新日本科学(株))

     11.マイクロミニピッグ:イヌ・サルに替わりうる
        in vivo 薬物性QT 延長評価モデル動物
        斉藤 裕之(スギ生物科学研究所(株))

     12.アカゲザルにおける2 種類の薬物自己投与法での
        ニコチン強化効果の検出精度の比較
        飯野 雅彦(イナリサーチ(株))
                                  10〜12は口述とポスター

12:10〜12:50  昼食

12:50〜 シンポジウム「iPS/ES細胞」
     1.ヒトES/iPS細胞を用いた薬剤の催不整脈性評価技術の開発
       安田 賢二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所)

     2.ヒトES/iPS細胞を用いた薬剤の催不整脈性評価技術による
       評価の現状
       北村 哲生(三菱化学メディエンス(株))

     3.QT延長リスク評価におけるヒトiPS細胞由来心筋細胞の有用性
       −パッチクランプによる評価系の確立−
       本多 正樹(中外製薬(株))

     4.ES/iPS 細胞の毒性・安全性薬理評価への応用
       −現状と期待される応用−
       篠澤 忠紘(武田薬品工業(株))

14:50〜15:10  休憩

15:10〜 パネルディスカッション「臨床の副作用」
     1.臨床試験段階における副作用予測
       熊谷 雄治(北里大学 東病院治験管理センター)

     2.薬物の循環器系副作用発現に影響する生体側因子
       中谷 晴昭(千葉大学大学院 医学研究院薬理学)

     3.第T相臨床試験(臨床薬理試験)の試験デザインについて
       水野 英子(田辺三菱製薬(株))

17:00  閉会挨拶
       次期(第3 回)年会長 葛西 智恵子(アステラス(株))